JC08モードってなんなん?

JC08モード

そうです、あてにならないあれです。

10・15モード燃費が「実燃費からかけ離れている」と、自動車利用者の批判を受け、より実際に近づけるために採用となったJC08モードの燃費測定であるが、目的を達したとは言えず[10]、「自動車の実燃費は、カタログ燃費の6割程度」と指摘されている[11]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』JC08モード
車名実燃費燃費JC08モード燃費
トヨタ プリウス21.62km/L34.0~40.8km/L
トヨタ ヴィッツ(ハイブリッド)21.61km/L34.4km/L
トヨタ アクア21.44km/L38.0km/L

こんなに乖離率のある参考にもならない燃費表示を
今だに「車の燃費」として載っける意味あるのか疑問ですよ国土交通省さんよ、、、、

WLTCへの以降

ここ数年、国土交通省はJC08モードに変わるWLTC(燃費・排出ガス測定法の世界共通化を目指して策定された「WLTP」のテストサイクル)という導入を進めてきています。

JC08モードは市街地から高速までを1サイクルなので出てるくる値が1つに対してWLTCでは主に欧州では市街地、郊外、高速の3パターン、およびサイクル通算の、計4つの数値(日本は3つ)から算出されるとのこと。

しかし審査値はJC08と大きくは変わらない見込みで国土交通省は2015年時点で、JC08モードと同等という研究結果を出しているそうです。

まぁ実際に見てみましょう

車名WLTCモード燃費
JC08モード燃費
実燃費
トヨタ カローラスポーツ(ハイブリッド)25.6~30.0km/L
30.0~34.2km/L
20.35km/L
マツダ CX-3(ディーゼル)19.0~21.2km/L
18.50km/L
ホンダ ステップワゴン(ハイブリッド)20.0km/L
25.0km/L
15.81km/L

いやいや、WLTCの方が全然まともやん。

しかも上記にある通り、数サイクルのテストから算出されるので

例CXー3・FWD
のWLTC燃費内訳
市街地12.2km/リットル、
郊外路16.8km/リットル、
高速18km/リットル

実にやさしい表記だ。

これだと車選びの際にも用途に合わせての燃費をチェックしながら吟味することができますね。選択の幅が広がります。

早くこのWLTCの表記への全面移行を進めてくださいな国土交通省さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です